ビタミンC誘導体 ローション ガイド :脂性、美白、ニキビ跡にも

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体というのは皮膚に浸透しやすいように合成された美容成分です。

 

ビタミンCには強力な抗酸化作用、色素沈着効果がありますが、水溶性だと肌が弾いてしまうため、肌に中々浸透しないという欠点がありました。
それを肌に浸透するように配合されたものがビタミンC誘導体というわけですね。

 

 

何に効くの?

 

ビタミンC誘導体の効果は何といっても肌の美白です。
またそれ以外でも、
肌のキメを整える
毛穴を目立たなくさせる
ニキビ跡やシミ、くすみなどの色素沈着

 

など多くの効果があるものが開発されています。

 

特に高濃度ビタミンC誘導体なども近年開発されていおり、
海外のセレブや、有名美容ブロガーの間でも評判になっています。

 

 

ビタミンC誘導体の種類は!?

 

ビタミンC誘導体の種類は水溶性と油容性の2種類のものがあります。
水溶性ビタミンC誘導体の特徴は短時間で肌に吸収されるが、持続力がないということです。
油容性ビタミンC誘導体の特徴は肌への吸収力は水溶性と変わらず、持続力が高いという利点があります。

 

油容性はニキビを悪化させてしまうことがあるなど性質によって、使い分けが必要であることを覚えておきましょう。

ビタミンC誘導体を超える美白成分とは?

ビタミンC誘導体を超える美白成分の存在を知っていましたか?
実は最近海外から出てきた成分なのでもしかしたら知らないかもしれません。
今非常に美白成分として人気のハイドロキノンというシミやくすみに効く成分なのです。

 

これは浸透力はビタミンC誘導体ほどではないのですが、やはり美白力に関してははるかにハイドロキノンのほうが効果が高いんですよね。
美白をしてみたい人は是非一度試してみてくださいね。